読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある編集者の晒しな日記

コンクリートジャングル東京の編集プロダクションに勤めるライターの実験室

zorazoraがスマホゲームで日本人1位になったワケ

スマホゲーム

こんにちは! zorazoraです。

 

今日は私があるスマホゲームで日本人として1位になった話をします。話すと長いので簡潔に口語で書きますが、その前に今まで一度もやったことのないスマホゲームをなぜ始めたのか?というところをちょっと説明します。

 

昨年私zorazoraは星回りが良くなかったらしく、神社の娘さんから「今年は何してもうまくいかないよ!」って断言されました(汗汗

 

私はそれほど信心深い方ではないので「そんなジンクスは打ち破ってやる!」と思っていろんなことに挑戦しました。

 

結果的に、昨年の前半は本当に何をしてもうまくいかない年でした(涙 で、それなら今年はあまり積極的にリスクを取らずに、休みの日は家でおとなしくしていようと思ってゲームをはじめたのが去年の6月12日、ちょうど一年前のことでした。運気の悪い年のせいかもわかりませんでしたけど、そこからスマホゲームにどんどんハマっていきましたよね(反省

 

でも、そのゲーム、自らストーリーを作っていける本当に面白いゲームだったのです!前提はお話したので、その内容について下記に具体的に記していきますね!!ちなみにこのゲームの宣伝じゃありませんよ(汗 むしろスマホゲームなんて時間とお金の無駄だと思ってたくらいの人間です(スミマセン

 

----------------------------------------------------------------

そのスマホゲームは、テレビのコマーシャルも放映されている、いわゆる「城を奪い返せ!」ってキャッチコピーのゲーム。そう、クラッシュオブキングスってやつ。

 

○クラッシュオブキングス公式サイト
http://clashofkings.jp/

 

このゲーム、文字通り自分の城を建てるところからはじめるんだけど、最初はバラック小屋みたいなとてもお城とは思えない建物を建設するところからスタートするんだ。

 

この城のレベルを上げていくことによって城の外観も少しずつ変わっていって、バラック小屋みたいな城から14レベルぐらいでやっとお城らしいに形になって、20レベルあたりからお城の装飾が豪華な感じになっていく。圧倒的なグラフィックがこのゲームのひとつの魅力だと思う。

 

そしてレベル21で、チョコでデコレーションしたようなチョコ城(身内ではそう呼んでる汗)、レベル25でお菓子でできたお城みたいなかわいいピンク色のパフェ城、レベル28からは要塞みたいなゴツい城になり、最終的にレベル30 でラピュタのような外観のお城になる(お城というより箱庭って感じなのでラピュタ城の外観はあまり好きではない爆)。もちろんzorazoraは今レベル30。

 

プレーヤーは全世界で6500万以上のダウンロード数って書いてあるけど、複数アカウントを作成することも可能なので実質的には1000万人以上の人がこのゲームをしてる感じ。

 

プレーヤーはお城のレベルを上げることによって城内の各設備、つまり兵舎のレベルや装備をつくる加治屋のレベルをあげたりすることが可能になる。

 

そうして強い兵士や装備などのステータスを上げていって、一対一の戦闘やグループ攻撃で相手の城の兵士を滅ぼすってイメージ。

 

基本的にプレーヤーは帝国と呼ばれる世界で仲間を見つけて同盟(チーム)をつくっていくんだけど、その国籍はさまざまで、日本人はもちろんのこと、アメリカ人、中国人、ロシア人、韓国人、ドイツ人って割といろんな国の人が参加してるんだ。

 

言語の壁があるから同じ国の人で固まることが多いんだけど、zorazoraはあまり群れるのが好きじゃないから最初は同盟に入らずに一人で修業してた。同盟に入るとその集団がターゲットになることも多いしね。

 

で、ある程度強くなったところで中堅の同盟に入る事にしたの。人数でいうと30人いたかな?そこからzorazoraのストーリーが始まるんだけど、その同盟はやっぱり日本人の同盟で同盟の戦闘力ランキング(メンバーの戦闘力の合計)でいうと20位とかそのくらいの同盟に入ったんだ。

 

この同盟に入ってから、いろんな決まり事やそれぞれのメンバーの役割(リーダーに始まり幹部とか外交役とか)みたいなものをこなさなきゃいけないんだけど、しばらくいた後に、ある事件が起こって同盟を移籍することにした。移籍先は帝国内ランキングでも上位の大同盟(人数は80人ぐらい)。一人でやってたころからその同盟には憧れみたいなものがあって。その同盟に入れたときは、現実世界でいうところのFCバルセロナにでも入れたような気持ちになった(あくまで例えだけど)。だけど、その憧れの大同盟に入ったら入ったでやっぱり問題があった。

 

課金者と無課金者の間でかなりの力の差があるってこと。

 

で、当時のメンバーの中でも最も強いエースが無課金者は足手まといだみたいな雰囲気になって出ていって、結構多くの課金メンバーはその人についていったの。その時zorazoraは無課金だったから、同盟に残ることにした。うちの同盟を抜けた人たちはみんな口々に「お世話になりました!」とか「○○同盟を攻めることはありません!」って友好的に出ていった。そしてその課金組のエースは国王争奪戦という帝国内のイベントでマップの中央にある宮殿を奪取して初代国王になった。ここまでのいきさつもかなり複雑な経緯があるんだけど、長いので端折ります。

 

その後、その課金メンバーの同盟とうちは仲良くやってたんだけど、去年の秋ごろ、ある日突然、うちの同盟は元メンバーから攻撃を受けた。

 

しかも、その元メンバーは無課金で、「ちょっと遊びにいってきます!」って言ってたメンバーだった。その元メンバーはよりによってうちの同盟のリーダーを殺しに来た。その時に居合わせたんだけど、一瞬何が起こったのかわからなかった。ついこの前まで、

 

「リーダーを国王にするためにがんばります!」って言ってたうちの元エースだった人がそのリーダーを攻撃しに来たんだよ??

 

たぶん、うちのメンバー全員わけがわからなくて、みんな混乱した。うちのリーダーは「最初から怪しいと思ってたから大丈夫!気にしないで!!笑」って言ってたんだけど、正直な話このゲームで「少し人間不信になった」って言ってた。

 

そこからだった、課金組の元メンバーたちからの攻撃を毎日のように受けるようになったのは。同じ日本人がだよ?「うちを攻めることはしない!」って宣言して出ていったメンバーたちがだよ??

 

もうワケわかんないよね。それまでは無課金でそこそこ楽しんでたし、チャットでメンバーとふざけたことも言い合えるから、男子で下ネタで盛り上がって「高校の部活の夏合宿だー!」みたいにわきあいあいとしてた平和も失われた。割とキャラ立ちしてるようなメンバーもいたりして、一緒に成長することを楽しんでたメンバーたちが、課金者たちによって毎日のように引退していった。あとで分かったんだけど、うちの同盟を元メンバーが襲撃した理由は、単に「リーダーが嫌いになった」って理由らしかった。そんなのしらんがな!爆

 

ここからです。無課金でコツコツとゲームを楽しんでいたzorazoraが復讐の鬼と化したのは。つまり課金をはじめたってこと。どうすれば気の合う同盟の仲間たちを敵から護れるか。それしか考えてなかった。だって毎日ログインしないとポイントがもらえないから、最低でも朝と夜2回は挨拶するわけ。土日祝日含めて。そうなるともう家族みたいなものになるんだよね。その家族が毎日のように殺されてって、挙句の果てにはメンバーから「誰も助けてくれない!」みたいなことを言われて…そしたらもう「自分が強くなってメンバーを守るしかないっしょ!」みたいな意気込みで課金を続けていって、心の折れかけたメンバーを必死に鼓舞しながらなんとか立て直していったの。

 

そうしていくうちにだんだんうちの同盟に共感してくれる人たちが出てきて、「同盟同士で組もうよ!」とか「日本人連合を作ろう」っていう話まで出てきたの。

 

そうやって仲間を殺されては立て直し、移籍してはメンバーを集めてってやってるうちに、zorazoraがチームのエースになってた。少なくともリーダーは「うちのエースはzorazoraだ」みたいなことを言うようになってくれるようになった。メンバーからは、危機に陥っても「zorazoraさんならなんとかしてくれそう」みたいな雰囲気が出てきた。

 

こうなると後に戻れないのよね~!気が付いたら帝国の中でも全体で3位。日本人で1位の戦闘力になってた(笑)。帝国はサーバーごとにいくつもあるみたいだから上には上がいると思うけど、全体で見ても上位1%くらいの中には収まってると思う。今はもう一人エースが出てきて、そのエースがチームを指導するような役割になっているので、zorazoraはある意味みんなを和ませるおふざけ役だったりする(笑)。強さだけが絶対のゲームじゃないからね。チームを盛り上げることも大事。今はそんなにハマってないけど、やっぱり強くてそれなりに期待されてるから、ちょくちょくログインしてる(笑)。ちなみに帝国の1位と2位は中国人なんだけど、元メンバーの敵はその中国人にほとんどやられて、今では残った元メンバーと話し合って、また仲良くやってたりもします。

--------------------------------------------------------

 

まだまだ余談がたくさんあるんだけど、端折って説明しただけでもこれだけのストーリーがあります。もちろんこのゲームは面白いんだけど、今年は最悪の運気の年を脱したので、リアルに注力していくつもりです!

 

最後に継続中のダイエットの経過ですが、昨日夕食に400グラムのステーキを食べたにも関わらず400グラム減少(なぜかステーキの分笑)、体脂肪率は0.2%減少して16.3%でした!! (やったー