読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある編集者の晒しな日記

コンクリートジャングル東京の編集プロダクションに勤めるライターの実験室

【モテるってどういう意味よ?】使えるモテ本と使えないモテ本【使える編】

恋愛

こんばんは!zorazoraです。 この前は使えない恋愛本をご紹介しましたが、今回は使えるモテ本です!!ところで、「モテる」ってどういう意味だと思いますか?言葉を使う仕事をしていると、そもそもその点からして疑問なんですよ。手もとの広辞苑(第六版,『岩波書店』)によると、「もてはやされる。ちやほやされる。人気がある」の解釈であることは間違いないと思います。でも、基準がよくわからない。一時期、

 

「女の価値は男の数で決まる」

 

って決めゼリフのマンガだかドラマがありましたよね?抱かれた男の数で女の価値が決まるみたいな。この基準でいったら、AV女優がもっともモテる女性の一人だといえます…っておかしくない?仕事でセックスしてる人たちだよ??笑

 

f:id:zorazora:20160714124500j:plain

※この人モテんのかな~笑


とすると、異性と付き合った数が多い人がモテる人だと考えて良さそうです。この観点でみると、zorazoraはモテない男になります(汗 じゃあたくさんの人と付き合いたいかと言うと、そんなこともありません。結局のところ、

 

最後の最後に一番好きな人と一緒に居られること

 

が一番モテたってことなんじゃないかと思ってます。一般にいう「モテる」というのは単なる足がかりでしかないと思います。モテるための努力は必要かも知れないけど、何も抱いた人数や付き合った人数を比較することに意味はない。最終的に自分に合った人が見つかればOK!

 

と、個人的に結論が出たところで今日は終わりにしたいのですが、しょっぱなからぶったぎっても恐縮なので(笑)、せっかくだから今日は「【恋愛マスターが伝授する!】使えるモテ本と使えないモテ本」の使える編をお送りしたいと思っています!

オンナの建前?本音翻訳辞典

オンナの建前?本音翻訳辞典

 
 

その名も『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典』(扶桑社)です!かなり古い本だけど、この本の何が使えるってね、女性も使えるってことなんですよー。実際に飲み会に持っていったらみんな話そっちのけで熟読してましたからね(爆)。

 

この本の内容は文字通り、表のページに女性の建前のセリフを、裏のページに建前を本音に翻訳したセリフを記したものなのですが、これが使える使える!(笑) 例えば、「連絡先交換してよ」に対する返事が「こっちから連絡するから、あなたの番号教えて」という建前だったとします。このセリフの本音は、

 

「自分の番号を教えるのはカンベンです。もちろん連絡もしません」

 

だそうです!こういう時はまず脈なしです…orz すっぱり諦めましょう!!zorazoraが使うのは、「幹事が連絡先取りまとめてるから、幹事から聞いて」と言って一度突き放します。仮にタイプの女性でもこのワンクッションを挟みますね。本当に興味があれば幹事に聞き出してでも連絡してくるだろうから←はい、ここがモテない原因ですね!分かります(爆)

 

私の話は置いといて、この本音には建前指数というものがついてきます。実在するOL100人への調査で本音を「私もその意味で使っている」と答えた人数のことだそうです。ちなみに上記の建前指数は85で、かなり高い方です。

 

その他、建前指数が高いものとして、「昨日は彼女とデートだったの?」という質問があります。このセリフの本音は、

 

「あなたに彼女がいないといいな」

 

という意味。建前指数は92です。これも使えますね!例えば、「夏休みはカレシとどこ行くの?」とか、「ところでカレシとは最近うまくいってんの?」と初対面でいきなり切り出します。「えー、ひどいー、カレシなんていないよー!」だったらホントにいない。「なんにも決まってないよー」とか「うーん。ビミョー」とかだったらまず確実にカレシがいます!(笑)。触らぬ神に祟りなしってことで、この人はよほど好きでない限り攻めません(爆)。

 

その他、「いい店見つけんだ」との誘いに「いいね! 誰誘おうか」と返事が返ってきたら、

 

「2人きりで会うのは断固ヤダ」

 

この建前指数はなんと95でした。ね、これ女性でも誘いを断るのに役立ちそうじゃないですか?(笑)。逆に、男性は撃沈したと考えて間違いなさそうです(泣

 

まあ、なんでzorazoraが恋愛に積極的でないかというと、こういう駆け引きが面倒だからです。ある人に言わせれば、女性を本気で好きになったことがないからだそうです…理想はひと目ぼれからの「唐突ですが、好きです!」という突然の告白に対して「はい、私も好きです!」みたいな劇的な出会いです…こんなこと言ってるうちは無理ですね(汗汗 仕事に精進します!

 

ではでは!